より良い企業にするためには組織診断|レベルアップに繋がる

システムの導入方法

女性

企業が従業員の管理を行なうものとしてあるのが、安否確認である。地震などの災害発生時に、従業員の安否情報を確認し、無事であるかなどを確認することが重要とされている。これらの安否確認では、近年では安否確認システムを導入し、災害発生時に使用することを準備している企業が多くなってきている。安否確認システムは、通信会社やセキュリティ会社などいくつかの業者が同じサービスを提供しており、導入に当たってはどの業者のサービスを利用するか選定するところから始める必要がある。サービスを選定する場合には、コスト面での比較検討の他、システムの安定性や信頼性、導入実績の豊富さなどがあげられる。導入を行う場合には、これらのシステムでは、WEBサービスとして利用する形態が多くなっている。その為、社員のユーザー登録を行い、社員一人一人の情報を設定していくということが一般的な設置の流れとなっている。設置後は、大地震などの緊急時にメールや電話などで安否確認が自動で送信されるため、これらに応答することで安否情報を会社に知らせることが可能となる。また、導入直後などは設定などの問題により、思った通りに情報送信できなかったり、安否情報の収集ができないケースもある。その為、導入し設定した後は、テストを行い、安否確認の依頼メールが送信されることなどを確認する必要があるまた、情報を収集する会社の担当者側についても運用方法について併せて確認が必要になる。